To homeTo titleTo tail

準地域ッシュ
ひ ょ う じ ゅ ん ち い き メ ッ シ ュ

 
数値地図をはじめ、日本の GIS データの多くは標準地域メッシュという枠に従って、図幅・ファイルが分けられることが多いですね。(標準地域メッシュコードは 昭和48年 行政管理庁告示により制定、昭和51年 JIS規格に採用)

 そこで、TNTmips で使用可能な標準地域メッシュ枠ポリゴンを作成してみました。

 ただし3次メッシュ4次メッシュともなりますと、さすがにファイルサイズも大きくなってしまいますので、オリジナル SML にて自動生成してください。あっという間にご希望のポリゴンが生成されます。

数値地図25k地図画像インポート
数値地図50k地図画像インポート
数値地図200k地図画像インポート



This Information was checked by Windows XP (TNTmips 6.8)
●1. 1次メッシュ
RVC ファイルをダウンロード
●2. 2次メッシュ
RVC ファイルをダウンロード
●3. 3次メッシュ
SML で自動作成
●4. 4次メッシュ
SML で自動作成





 

  次 メ ッ シ ュ


 1/20万地勢図とほぼ同じ、緯度間隔 40′経度間隔 1°のメッシュです。 4桁のコードからささっと場所が特定できるようになればもうあなたも GIS マニア(笑)  



▼そもそも「1次メッシュ」って何?

地域メッシュ」の中で一番大きい、縦(緯度方向)40′横(経度方向)1°のメッシュのことです。 正式名は「第1次地域区画」と呼ぶそうですが、一次メッシュの呼び名のほうが一般的かもしれません。 5339(東京)とか 5437(高山)とか、4桁の数字で日本各地をコード化しています。

1 次 メ ッ シ ュ の 特 徴
 緯度間隔: 40′(約70km)
 経度間隔: 1° (約90km) 
 コード桁数: 4桁 (緯度2桁・経度2桁) .
 南西角 緯度変換方法: 上2桁 / 1.5 (単位 度) 
 南西角 経度変換方法: 下2桁 + 100 (単位 度)





 



▼Download はこちら

ロッピーマークをクリックしますと、ZIP 圧縮されたファイルがダウンロードできます。 解凍するとRVC ファイルが出てきます。

  1st_mesh_JGD2011.zip (0.1MB) 世界測地系(JGD2011)
  1st_mesh_JGD2000.zip (0.1MB) 世界測地系(JGD2000)
  1st_mesh_Tokyo.zip (0.1MB) 日本測地系(Tokyo)
  1st_mesh_WGS84.zip (0.1MB) 世界測地系(WGS84)






 

  次 メ ッ シ ュ


 1次メッシュでは範囲が広すぎてもう少し限定したい...  そんな場合には1次メッシュをさらに細かくした2次メッシュを使用します。



▼じゃあ「2次メッシュ」ってどんなもの?

ッシュを縦横8等分したメッシュで、国土地理院の 1/2.5万 地形図の範囲とほぼ同じもの。 おおよそ 10km × 10km のメッシュサイズとなります。 1次メッシュコード(4桁)に 縦マス1桁、横マス1桁を加えた合計6桁コードで日本中の場所を指定しますので、メッシュ数はかなりの数になります。

2 次 メ ッ シ ュ の 特 徴
 緯度間隔: 5′ (約10km)
 経度間隔: 7′30″ (約10km) 
 コード桁数: 6桁 (1次メッシュコード4桁・緯度1桁・経度1桁) .
 南西角 緯度変換方法: 中1桁 × 5 + 1次メッシュ南西角 (単位 分) 
 南西角 経度変換方法: 下1桁 × 7.5 + 1次メッシュ南西角 (単位 分)





 



▼Download はこちら

ロッピーマークをクリックしますと、ZIP 圧縮されたファイルがダウンロードできます。 解凍するとRVC ファイルが出てきます。

  2nd_mesh_JGD2011.zip (2.0MB) 世界測地系(JGD2011)
  2nd_mesh_JGD2000.zip (2.0MB) 世界測地系(JGD2000)
  2nd_mesh_Tokyo.zip (2.0MB) 日本測地系(Tokyo)
  2nd_mesh_WGS84.zip (2.0MB) 世界測地系(WGS84)






 

  次 メ ッ シ ュ


 1次メッシュ、2次メッシュはデータをそのままダウンロードすると使用できますが、3次メッシュはデータ量が多すぎますのでみなさんのお手元で自動発生していただきます。



▼ということは「3次メッシュ」って...

ッシュをさらに縦横10等分したメッシュが「3次メッシュ」です。 おおよそ 1km × 1km のメッシュサイズですので「1kmメッシュ」と呼ばれることもたまにあります。

3 次 メ ッ シ ュ の 特 徴
 緯度間隔: 30″ (約1km)
 経度間隔: 45″ (約1km) 
 コード桁数: 8桁 (2次メッシュコード6桁・緯度1桁・経度1桁) .
 南西角 緯度変換方法: 中1桁 × 30 + 2次メッシュ南西角 (単位 秒) 
 南西角 経度変換方法: 下1桁 × 45 + 2次メッシュ南西角 (単位 秒)





 



▼Download はこちら

日本全国分のデータをダウンロードするよりも、計算によって求めたほうが簡単です。 そこで早速 3次メッシュ作成SMLを作成してみましたのでどうぞダウンロードしてお使いください。

  make_3rd_Mesh_20160315.sml (0.1MB)



▼SML の使い方

ロードした SML の使用法についてこれから解説していきます。




▼Process/SML/Edit Script... を選択!!

メニューより Process/SML/Edit Script... を選択しましょう。 どんな SML も基本はこのメニュー操作です。

 



▼File/Open/*.SML File...でファイルを開く

現れた Spatial Manupilation Language ウィンドウのメニューより、File/Open/*.SML File... をクリックします。


 



▼ダウンロードした SML ファイルを選択

Select File ウィンドウがでてきますので、上にある Up one level ボタンや Go to ボタンを駆使しながら、先ほどダウンロードした make_3rd_Mesh_v10.sml ファイルを選択します。 選択できましたら OK ボタンをクリック。


 



▼Run メニューで SML を実行

Spatial Maniulation Language ウィンドウにはなにやらプログラムがずらっと表示されますが、そのままメニューより File/Run... ボタンをクリックしましょう。 これで SML が実行されます。


 



▼まずは1次メッシュコードを入力

れるメッシュポリゴンデータは、1次メッシュ単位で処理します。 ですので、ここでは3次メッシュを作成したい場所の4桁の1次メッシュコードを入力します。 入力できましたら OK ボタンをクリック!!


 



▼Projection は Latitude/Longitude

使用する座標系や測地系を聞いてきますが、通常は SYSTEM:欄に Latitude / Longitude、Datum:欄 には Unspecified、そして Elipsoid:欄には GRS 1980 を設定します。 こちらも設定できましたら OK ボタンをクリックしましょう。


 



▼最後に出力先を指定

Select Object ウィンドウが現れましたら保存先を指定します。 まずは新しいプロジェクトファイルを作りましょう。 ファイル名を聞いてきますので、適当な名前(例えば 3rd_Meshpoly )を入力して OK ボタンを押します。


 



▼続けて保存データ名を入力

ェクトファイルができましたら、今度は右上の New Object ボタンを押してデータ(オブジェクト)名を指定します。 OK ボタンを押しますと処理が始まります。 おおよそ 10〜20分ほどでメッシュポリゴンデータが作成されますのでしばらくお待ちください。


 



▼出力結果を確認してみると...

れたポリゴンデータを確認してみましょう。メッシュコードがリンクされたデータベーステーブルも間違いなくありますか? ジオリファレンスは間違っていませんか? どうぞこのメッシュデータをあなたの研究・業務にご活用ください。


 







 

  次 メ ッ シ ュ


 人口密集地のデータなど、より精度を上げた空間データを扱う場合には3次メッシュよりも更に細かいメッシュが必要となります  そんなとき4次メッシュが便利です。



▼「4次メッシュ」まであるんだね...

ッシュを縦横半分したメッシュで、おおよそ 500m × 500m のメッシュサイズとなります。 左下が1、右下が2、左上が3、右上が4となってますので、4次メッシュコードだけは、数学的な座標コードではありません。

4 次 メ ッ シ ュ の 特 徴
 緯度間隔: 15″ (約500m)
 経度間隔: 22.5″ (約500m) 
 コード桁数: 9桁 (3次メッシュコード8桁・コード1桁) .
 南西角 緯度変換方法: 条件式が必要なので省略  
 南西角 経度変換方法: 条件式が必要なので省略  





 



▼SML の Download はこちら

ロッピーマークをクリックしますと、SML ファイルがダウンロードできます。 具体的な使用方法は下の手順に従って下さい。但し、TNTmips ver6.8 以降でないと、この SML は実行できません のでご注意ください。

  make_4th_Mesh_v10.sml (0.1MB)



▼Process/SML/Run... を実行

メニューより Process/SML/Run... を実行します。

 



▼SML ファイルを選択

ウンロードしました、make_4th_Mesh_v10.sml を選択して OK ボタンを押します。

 



▼左端のボタンをクリック

メッシュ作成 SML」というタイトルのウィンドウが現れましたら、左端の ボタンを押しますと、いよいよ処理が始まります。

 



▼1次メッシュコードの入力

初は、1次メッシュコードを聞いてきます。対象となるメッシュコードを4桁の数値で入力してください。入力できましたら OK ボタンをクリックします。

 



▼測地系の選択

系の選択」ウィンドウが現れましたら、使用する測地系を4つの中から選んでください。目的やデータに応じて選ぶ測地系は異なりますが、最近は世界測地系(JGD2000)を利用される場合が多いようです。 選びましたら、OK ボタンを押します。

 



▼保存先オブジェクトを指定

、作成されるポリゴンデータの保存先を指定します。 保存先のディレクトリへ移動し、右上の New File ボタンや New Object ボタンを押して、保存するベクタオブジェクトの名前を入力しましょう。

 



▼OKボタンを押すと処理が開始

入力が終わり OK を押しますと処理が始まります。しばらくは、この Process ウィンドウを眺めていましょう。

 



▼Finished!! がでたら完了

終わりますと、このような Finished!! メッセージが現れます。

 



▼確認(1)

、Display/Spatial Data... 機能にて、このように3次 メッシュと重ねてみると...

1、右下が2、左上が3、右上が4というコードの割り振りがわかりますでしょうか?

 



▼確認(2)

ーブルも正しく作成されているか表示してみましょう。

 



▼確認(3)

をチェックしたい場合は、Extents 情報が便利ですよ。

 





To homeHome  |  To titleTitles  |  To headHead

2013.5.30 更新

株 式 会 社 オ ー プ ン G I S
〒130-0001東京都墨田区吾妻橋1-19-14
電話 (03) 3623-2851
FAX (03) 3623-3025
info@opengis.co.jp